【TRY OUT!】アウトドアの秘密基地「DOD・クレイジーエックス」

キャンプをより楽しくしてくれるドッペルギャンガー(現DOD)。ネーミングから察することができる「どうかしているぜ感」満載のフォルムとカラー。キャンプ場で話題になること間違いなしのモデルが『クレイジーエックス』だ。

バリエーションの豊富なドッペルギャンガーアウトドア(※現在はブランド名をDODに変更している)。テントのセレクションで編集部も悩みに悩んだ。「HだけどエッチじゃないHテント」、1mの隙間があれば立てられるぼっち向け「スキマテント」。ネーミングからしてどうかしているのだから。で、結果、もっともキャンプ場で衆目を集めるであろうクレイジーエックスに決定。

どこがクレイジーかというと、その形状だ。真上から見るとエックス、そう十文字のテントなのである。どう使うのかといわれれば、4人の頭上部分を共同の空間(ミーティングスペース)として、寝転がりながらゲームや酒盛りができるといったテント。「不便だけどワクワクする」秘密基地テントというコンセプトどおり、とにかく寝るだけのスペースしかなくて狭いのだけど、それがまたキャンプ(野宿)しているって感覚を盛り上げてくれそう。

とはいえ、話題性だけでなく機能性にもすぐれていることを見逃してはならない。ワンタッチ構造で設営はあっという間に完了。幕体には雨に負けないよう、耐水性の高いテント生地を使用。頭部と足部にあるメッシュのベンチレーターのおかげで結露もしにくい。そして内部空間が狭い、つまりテントが極端に低くなるために風にも強い。狭いという弱点を逆手にとったあっぱれな機能性には脱帽してしまう。その他、個別の出入口、シューズの雨よけなどなど、細かな配慮がなされていることも付け加えておきたい。

ミーティングスペースの上にあるトップシートを外すと天井部分は大きなメッシュ生地になっているので、4人で夜空の星を見ることもできる。ワクワク感満載のクレイジーエックス。4人でのキャンプをお考えの方、検討してみてはいかがだろう。とにかく目立つ! それだけで購入する価値はあり。でも、実は機能性に富んでいるクレイジーエックス。設営は4人で行えば3分以内、ワクワクする秘密基地の完成だ。もちろんテントとしての基本性能はしっかりと備えているので安心だ。

【INFORMATION】
PRODUCT|ドッペルギャンガー(現DOD)クレイジーエックス(DOPPELGANGER OUTDOOR CRAZY X)
PRICE|1万3500円(税別参考価格)
WEIGHT|約3.6㎏(付属品含む)
MATERIAL|生地:ポリエステル / フレーム:グラスファイバー
SIZE|幅487㎝ × 高さ90㎝ × 奥行き487㎝
CAPACITY|4人
PACKAGE SIZE|54㎝ × 直径21㎝
COLOR|マルチカラー
CONTACT|ビーズ
WEB|http://www.dod.camp/
※スペックやデータは紙面掲載時のものです。最新の情報は上記WEBサイトなどでご確認ください。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|Camp Goods Magazine
PUBLISHED|2017
SOURCE|キャンプ・グッズ・マガジン Vol.1


関連記事

ページ上部へ戻る