木と潮の香りに包まれた、理想のサーファーズハウス|Oceanside, California

オーシャンサイドの個性的な木造住宅に住むのはアイウェアブランド「OTI S」の副社長を務めるCharli e Andersonだ。彼自身が「Play Ground(遊び場)」と呼ぶ家は、斜面に沿って建つ平屋の一軒家で、大空間の床下にはスケートランプも用意されている。インテリアの各所にはオリエンタルテイストを取り入れ、部屋のあちこちにはヴィンテージグッズも並ぶ。また、機能的で美しいキッチンや夕陽を一望するリビングも見逃せない。木の香りと、潮の香りに包まれた、理想のサーファーズハウスである。

PHOTOGRAPHS|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|AKIHITO NAGANO
SOURCE|California Interior Style Book Vol.1


関連記事

ページ上部へ戻る