menu

展示場には遊び心をご持参ください Presented by BESS

 ログハウスの国内シェアの過半数を有するBESSは、全国に42 カ所単独展示場を有している。一般に住宅展示場は総合展示場と呼ばれ、様々なメーカーの家が一斉に立ち並んでいるが、BESS の展示場ではBESS のブランド単独の展示場となっているのだ。 これは、BESS が何よりも暮らしの提案を大切にしているからに他ならない。家は機能や価格を比較検討して決めるのではなく、自分のライフスタイル、感性にあった家、自然体でおおらかな暮らしを実現できる家を選んで欲しいと考えている。この考え方は、BESS の展示場が事前の予約は不要で、受付を済ませたら営業マンが付くことも無く自由に過ごせることにも表れている。家の機能や性能を説明するのではなく、自分がこの家ならどのように暮らすのかを想像し、BESS が提案する暮らしを体感してもらうため、自分のペースで過ごしてもらうことを大切にしているのだ。このこともあって、BESS の展示場に来る人の大半が家の購入を検討していないという。展示場内のブランコやハンモック、野外ストーブ、恐竜で遊びまわる子供たちや、ウッドデッキで談笑している夫婦など、思い思いに時間を過ごしている様子が窺える。何年もかけて何度も遊びに来る人や、全国の展示場をいろいろ回る人、さらに購入した後も遊びに来るユーザーも多く、まさに展示ではなく暮らしの体感の場となっている。
 さらに、展示場に並ぶBESS の各モデルもそれぞれに魅力的。無垢の木をふんだんに使った暮らしを楽しむための家、という点で共通しており、自分らしさを発揮できる多彩で個性豊かなラインナップとなっている。きっと来場者は、それぞれに暮らしの想像を広げていることだろう。「薪ストーブって本当に暖かいなあ」「自分にも薪ストーブライフできるかも」「この四角いログも遊び心があっていいな」「遊び心ならば思い切ってドームにチャレンジしてみるか。いやいや、あっちのとんがり屋根もいいな」「あそこからの夕景はどんな風に見えるんだろう」「土間はどれぐらいの広さがいいかな」「ハンモックはマストだな」「夏はデッキでみんなとバーベキュー」…。そういえば、昔見たBESSの車両広告には「ご来場の際は、遊び心をご持参ください。」と書いてあった。

カントリーログハウス〔クールテイスト〕
大きな折れ屋根を持つBESS のログハウス。広々とした土間や大きな吹き抜け、ウッドデッキなどを標準で備えており、非日常を日常にしてくれるような空間となっている。全国3か所にあるBESS の展示場で触れて、その魅力を体感してほしい。
総合展示場BESS スクエア
03-3462-7000

SOURCE|Cal Vol.19


ログハウスで暮らすということ Presented by BESS

便利を捨てず、不便を楽しむBESSの『梺ぐらし』presented by BESS

関連記事

  1. 絶好のロケーションを誇るビーチ・コンド|Honolulu, Ha…

    マリンブルーの海とビーチが織りなす絵画のような風景が窓の外に広がっている。波音が流れ込み、海からの風…

  2. ベンチュラの美しい街並みの中で暮らす、素敵なヴィンテージハウス|…

    アウトドアブランド「Patagonia」のヘッドクオーターで働くJoy Lewisは、ロサンゼルスか…

  3. アメリカの住宅をそのままスケールダウン|TINY HOUSE A…

    床面積約3帖という小さな2×4構造の家を基本設計として、4種類の仕上げ方法を備えるのがカントリータウ…

  4. ゆったりとした潮風にゆらぐ1970年代のビーチハウス|Dana …

    地元のラジオ局でDJを務めるCorey Brindleyは、カリフォルニア州ダナ・ポイントの丘の上に…

  5. 自在な暮らしを提案するBESSの2つのシリーズ

     国内で圧倒的なログハウスシェアを誇る自然派個性住宅の『BESS』。そして、これまで本誌でご紹介して…

  6. ビンテージに住む|カリフォルニア・スタイルの住宅

    【ランドマーク的工場を改装したインダストリアル・ロフト】ダウンタウンのアート・ディストリ…

  7. ファッションデザイナーのクラシックモダン・ライフ|San Jua…

    カリフォルニア州内最古の教会が残るサン・ファン・カピストラーノ。マットはこの地で、ヴィンテージ・デニ…

  8. 木と潮の香りに包まれた、理想のサーファーズハウス|Oceansi…

    オーシャンサイドの個性的な木造住宅に住むのはアイウェアブランド「OTI S」の副社長を務めるChar…

PAGE TOP