Pacific Coast Highway — Ford Mustang GT Fastback —

The Partner of the Journey

今回、Cal編集部がPCHを走ったのは、5.0L、V型8気筒エンジン搭載のフォード・マスタングGTだ。

2.3L 直列4気筒 EcoBoostエンジンモデルと比較すると、低速域から発生する太いトルクが特徴的で、俊敏な加速を感じることができた。最高出力も435hpと申し分ない。感度に富んだステアリングは、運転状況に合わせ3つのモードに設定を切り替えることができる。

また、アメリカの荒れた路面でも高いグリップ力を保つサスペンション性能も快適なドライブを助けてくれる。日本にも待望の右ハンドルが導入予定である。

PHOTOGRAPHS|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|AKIHITO NAGANO
SOURCE|Cal Magazine #06

※編集部注:本記事はCal #06に掲載された記事を一部抜粋したものです。

※この特集は「Pacific Coast Highway」をクリックすると、まとめてご覧になれます。


関連記事

ページ上部へ戻る