menu

1965 ジャガーEタイプ シリーズ1(1965 Jaguar E-Type Series1)|Tokyo, JPN

モデル概要
1961年から1975年まで14年間に及ぶジャガーEタイプのタイムラインは、デビューから1968年9月生産モデルまでをシリーズ1と呼ぶ。現代車ならこの期間だけで一世代が終わる時間の長さである。1964年、大きなトピックが訪れる。3.8L直6エンジンの排気量を4.2Lに拡大。106㎜のストロークはそのままにボアを87㎜から92.07 ㎜に広げる。最高出力は265hpと変わらぬものの、その発生回転数は100prm下がり5400rpmに。最大トルクは31Nmアップの384Nmを3.8L版と同じ4000rpmで発生した。排気量の拡大は後に評価を分けるポイントとなるが、フルシンクロのトランスミッションを組み合わせるなど、ドライバビリティが向上した点は正当に評価すべきだろう。翌1965年、クーペのホイールベースを2667㎜に延長しエクストラシートを追加した2+2が追加に。北米向けにATも設定し販売台数を伸ばした。シリーズ1最後のトピックは1967年にもたらされた。このモデルは後に「シリーズ1 1/2」と呼ばれることになるが、シリーズ2への布石となる変更がある。これは主にアメリカの安全規制に対処するもので、フロントバンパーとテールレンズを大型化。また、ヘッドライトカバーは使えなくなった。時代の流れとは時に試練をもたらす。

個体概要
外なことかもしれないがデビュー初年度を除き売れたボディタイプはクーペである。不思議とマーケットではロードスターが多いのだが、それ故にクーペは希少かもしれない。2002年にアメリカから輸入されたこの個体は、「オパールセント・ブルー」という実にエレガントなボディカラーが魅力だ。ステンドグラスや照明器具など、ガラスに造詣が深い方はご存知だろうが、オパールセント・グラスといえば乳白色で半透明、そして反射光で色彩を味わうガラスのこと。余談だがこのオパールセント・グラスを30年に及ぶ歳月をかけ開発したのが、あのティファニーの2代目、アール・ヌーヴォーの第一人者であるルイス・カムホート・テファニーである。ウィリアム・ライオンズやマルコム・セイヤーがどこまでそれを意図していたのか、今では真相を確かめることはできないが、このボディカラーはマンハッタンの町並みやハンプトンの風景に溶け合い絶妙なハーモニーを奏でる。内外装ともにオリジナルカラーで、エンジン、ミッションはOH済み。この年式ならUS仕様でも馬力落ちはない。

About this model
In the Jaguar E Type’s 14-year history, vehicles produced from its debut through September 1968 are called Series 1. A modern car would have seen the end of one generation in this length of time. A big moment for the series came in 1964. In that year, the 3.8L straight-6 engine was enlarged to 4.2L. The 106mm stroke was unchanged, but the bore was extended from 87mm to 92.07 mm. The maximum output of 265hp was unchanged, but it was now reached at 5400rpm, which was 100rpm lower than before. The maximum torque of 384Nm, up 31Nm, could be reached at 4000rpm, the same as with the 3.8L version. The larger displacement is the point most people notice, but its increased drivability, the result of fully synchronized transmission, etc. is also worth noting. In 1965, the 2+2 was added, with the coupe’s wheelbase extended to 2667mm and an extra seat added. For the North American market, an automatic transmission version was also added, and sales rose. The final big moment for the Series 1 came in 1967. This version was later called the Series 1 1/2, and it included changes that laid the foundation for the Series 2. These changes were made largely in response to American safety regulations, and the front bumper and tail lenses were enlarged. Additionally, covered headlights were no longer used. Time is a harsh mistress.

About this vehicle
It may come as a surprise, but except for the debut year, the best-selling body type was the coupe. The market at the time was flooded with roadsters, so perhaps this meant that coupes were a rarity. This vehicle was brought to Japan from America in 2002. The “opalescent blue” body is elegant and charming. As those familiar with stained glass and interior lighting may know, opalescent glass is a milky, that reflects light in many different colors. As a side note, opalescent glass was developed by Louis Comfort Tiffany, the second head of Tiffany’s and its first art nouveau proponent, over a period of 30 years. It is impossible to say how much this was part of William Lyons and Malcolm Sayer’s intention, but the body color of this car creates a perfect harmony with the skyline of Manhattan or the Hampton landscape. The interior is also the original color, and the engine and transmission have been overhauled. The U.S. versions of this model year did not have a lower horsepower.

1965 Jaguar E-Type Series1|1965 ジャガーEタイプ シリーズ1
Production 1965
Brand Jaguar
Model E-type S1 4.2 FHC
Engine 4.2L
Number of cylinders 6
Power 265hp/5400rpm
Length 4455mm
Width 1657mm
Height 1222mm
Wheelbase 2438mm
Drive Rear
Weight 1360kg
Tire size(F) 6.40×15
Tire size(R) 6.40×15
Price Ask
Contact OLD BOY

Copyright CHRONICLE BOOKS JAPAN CO., LTD. 2017 All rights reserved.

PHOTO|KOSUKE ARAI
TEXT|SEIICHI NORISHIGE
PUBLISHED|2017
SOURCE|CLASSIX VOL.01


1994 ジャガー XJS V12(1994 Jaguar XJS V12)|Tokyo, JPN

キャンプグッズ・マガジン(Camp Goods Magazine)Vol.03|6月30日発売

関連記事

  1. 一般来場車両台数は600台を超えました。

    1st Long Beach Classics イベントレポート…

    雑誌「A-Cars」、「Frywheels」、「Lets Play VW’s」、「Cal」、…

  2. WTW AOYAMA 1966 VW TYPE-1 SEDAN|…

    オリジナルをキープしたインテリアと艶の美しいニューペイント。個性に磨きをかけた1966年式のタイプ1…

  3. 2015 第29回ムーンアイズ・ストリートカーナショナルズ|全8…

    ムーンアイズが主催する「第29回ムーンアイズ・ストリートカーナショナルズ(29th Annual M…

  4. ごくごく幸運な顧客が引き当てた エモリー製のポルシェ・911|N…

    2016年3月、ポルシェがジュネーブ・モーターショーにおいて、新型のポルシェ・911Rを発表したのは…

  5. ストリートカーナショナルズ鈴鹿

    第19回ストリートカーナショナルズ鈴鹿|19th Street …

    第19回ストリートカーナショナルズ鈴鹿(主催:ホットスタッフ)が6月7日(日)、鈴鹿サーキット・キャ…

  6. 1972 ポルシェ 911T タルガ(1972 Porsche …

    モデル概要通称〝ナロー〟と呼ばれるスマートなボディをもつ911シリーズは、1972年モデルからエ…

  7. 幸運なるオーナーの下へ納められたシンガーの最新作|Los Ang…

    Singer Vehicle Design Restored. Reimagined. Reborn…

  8. 1970 メルセデスベンツ 280SL(1970 Mercede…

    モデル概要W113型メルセデス・ベンツSLは、190SLの後継モデルとして1963年に誕生。フラ…

PAGE TOP