menu

1964 ビーエムダブリュー 3200CS(1964 BMW 3200CS)|Osaka, JPN

モデル概要
第二次世界大戦後のBMW は自動車産業への本格転換を迫られていた。時代を見据え急ピッチで開発を進めるニューモデルを社内で“ノイエ・クラッセ(独:Neue Klasse)”と呼び、1961年に4ドアセダンのBMW1500を登場させていた。デザイナーはBMW700で評価を得ていた新進気鋭のジョヴァンニ・ミケロッティである。一方、2ドアクーペの02系はベルトーネのチーフデザイナー、マルチェロ・ガンディーニがその任を負っていた。ミドルサイズのセダンとクーペ、そして派生モデルでランナップを整えたBMWだが、もうひとつのいわゆる高級車であったBMW501/502の後継モデルを送り出す必要があった。こうした背景から誕生したラグジュアリークーペが1961年のフランクフルトで公開された3200CS である。生産期間は1962年1月から1965年9月まで。その数603台とされるが現存するのは約40台というのが通説だ。メカニズムの特徴はフレームをもつシャーシとプッシュロッド式エンジンであり、この組み合わせはBMWにとって3200CSが最後のモデルとなる。BMWのチーフデザイナー、ヴィルヘルム・ホフマイスターが考案したとされるルーフエンドのピラーを前方に曲げるデザイン、“ホフマイスター・キンク”が実に上品で美しい。

個体概要
日本に正規輸入された2台中の1台(もう1台は堺市ヒストリックカー・コレクション所蔵)。1964年3月生産のモデルで当時のインポーターである東京バルコムへ6月に納入された個体である。オドメーターが5ケタのためクラシックカーの常で走行距離は不明となるが販売元のシンプルオートによれば実走行(実車のオドメーターは46,000㎞代)ではないかという。実はこの個体、とあるコレクターから同社が買い取り一通りのメンテナンスを施し販売。しばらく行方を把握していなかったそうだが、その後は転売され別のオーナーを介して結果的に里帰りしてきた車両なのだという。ドイツ本国での当時の車両価格が29,850DMという高額車両だけあり、日本でも相応の環境で保管されてきたようだ。細部まで調べてもレストアを受けた形跡もなく、ペイントや内装もオリジナル状態で今日に至っている。大規模なレストア作業を経てピカピカになった車両は魅力的に映るだろうが、そのベースとなる車両コンディションが確かなものであればさらに仕上がりも良好なものへとなる。当個体はレストアを受ける状態にない世界的にも希少なコンディションで維持されている。なお、安全に関わるブレーキマスターバックは本国でOHを実施。また、クーラーも装備する。

About this model
After WW2, BMW began its full-fledged shift toward auto production. Sensing the changing times, the company ahead with development at a rapid pace, creating models that were called the “Neue Klasse” within the company. In 1961, the 4-door sedan the BMW1500 made its debut. The designer was the up-and-coming Giovanni Michelotti, who had received praise for the MBW700. On the other hand, Marcello Gandini, the chief designer at Bertone, took charge of the 02 Type, a 2-door coupe. BMW filled out its lineup with this midsize sedan and coupe and their variations, but it still needed to produce a model to succeed the high-end BMW501/502. The luxury coupe born from this need was the 3200CS, was the 3200CS, which debuted in 1961 at the Frankfurt Motor Show. Production began in January 1962 and ended in September 1965. It is said 603 of these vehicles were made, of which around 40 are thought to still exist. Its mechanical characteristics include a chassis with a frame and a push-rod engine, a combination that, at BMW, ended with the 3200CS. BMW chief designer Wilhelm Hofmeister suggested bending the roof-end pillar forward, a design element known as the Hofmeister kink, and it is truly classy and beautiful.

About this vehicle
One of two officially imported cars to Japan (the other is held by Historic Car Collection in Sakai City ). Produced in March 1964, the importer at the time, Tokyo Balcom, received it that June. Because the odometer only goes up to five digits, as in most classic cars, it is difficult to say whether the reading is accurate, but the seller, Simple Auto, says the reading (a photo of the odometer shows it is in the 46,000 km range) may be accurate. The car was bought by Simple Auto from a certain collector, given a thorough maintenance, and put up for sale. Its whereabouts for a certain period are unknown. But it was later resold, passed through another owner, and ended up returning to this company. The price in Germany at the time was 29,850 Deutsche Marks, and in Japan it was apparently stored as carefully as one would expect for such a pricey car. Research into its details uncovered no indications that the car was ever restored. It seems that even the paint and interior are original. A car that has been through large-scale restoration may look appealingly new and shiny, and if the car itself was in certifiable condition to begin with, the finished product is even better. A vehicle of this condition that hasn’t undergone such restoration is extremely rare. For safety, the brake booster was overhauled in Germany. Air conditioning was added, too.

Contact_Simple auto
Photo_Kosuke ARAI 新井康介
Text_Seiichi NORISHIGE 教重誠一

1964 BMW 3200CS|1964 ビーエムダブリュー 3200CS
Production 1964
Brand BMW
Model 3200CS
Engine 3.2L
Number of cylinders 8
Power 160ps (157hp)/5600rpm
Length 4830mm
Width 1720mm
Height 1460mm
Wheelbase 2635mm
Drive Rear
Weight 1500kg
Tire size(F) 185HR15
Tire size(R) 185HR15
Price Ask
Contact Simple auto

Copyright CHRONICLE BOOKS JAPAN CO., LTD. 2017 All rights reserved.

PHOTO|KOSUKE ARAI
TEXT|SEIICHI NORISHIGE
PUBLISHED|2017
SOURCE|CLASSIX VOL.01


1972 ビーエムダブリュー 2002 tii(1972 BMW 2002 tii)|Osaka, JPN

1991 ランドローバー レンジローバー(1991 Land Rover Range Rover)|Tokyo, JPN

関連記事

  1. ごくごく幸運な顧客が引き当てた エモリー製のポルシェ・911|N…

    2016年3月、ポルシェがジュネーブ・モーターショーにおいて、新型のポルシェ・911Rを発表したのは…

  2. ストリートカーナショナルズ鈴鹿

    第19回ストリートカーナショナルズ鈴鹿|19th Street …

    第19回ストリートカーナショナルズ鈴鹿(主催:ホットスタッフ)が6月7日(日)、鈴鹿サーキット・キャ…

  3. 1959 フォルクスワーゲン タイプワン カルマンギア(Volk…

    モデル概要フォクルスワーゲン・カルマンギアは、タイプ1をベースに誕生したスポーツカーである。イタ…

  4. 1951 フォルクスワーゲン タイプワン スプリット セダン(V…

    モデル概要ドイツ語で「大衆車」を意味するフォルクスワーゲン(以下VW)は、1933年ドイツの「国…

  5. 1991 ランドローバー レンジローバー(1991 Land R…

    モデル概要通称“クラシックレンジ”と呼ばれる初代レンジローバーは1970年に誕生した。そのコンセ…

  6. 1994 ジャガー XJS V12(1994 Jaguar XJ…

    モデル概要1975年9月。ジャガーはEタイプに変わるモデルとして「XJ-S」を発表した。1961…

  7. 1961 ポルシェ 356 B カブリオレ(Porsche 35…

    モデル概要ポルシェが自動車メーカーとして1948年に初めて世に送り出したモデルが356である。プ…

  8. FLASH BUGS MEETING|全エントリー収録!!

    空冷VWのスペシャルショップ「FLOWER AUTO(フラワーオート)」が5月10日(日)に開催した…

PAGE TOP