menu

1969 シトロエン DS 21(1969 Citroen DS 21)|Tokyo, JPN

モデル概要
20世紀にもっとも影響力のあった偉大な自動車を決めるカー・オブ・ザ・センチュリー(1999年開催)で3位に輝いたのが1955年に誕生したシトロエンDSである。まるでコンセプトカーのようなデザインはいつ見ても新鮮かつ斬新。まさにクラシックが濃縮されたカタチといえよう。DSの誕生に関わった主要3名のエンジニアのキャリアがまたユニーク。デザインを担当したのは航空機会社マッキの元技術者フラミニオ・ベルトーニ。彼はイタリア人だが芸術活動(彫刻家)のため退職しフランスへ移住。結果、シトロエンに就職した異色の人物。取りまとめ役のアンドレ・ルフェーブルも航空機会社ヴォワザンの出身。無類のレース好きということも影響してかシトロエンで開発職に就く。シトロエンといえば窒素ガスとオイルを組み合わせたハイドロニューマティックが有名だが、このシステムは同社で20年のベテラン、ポール・マジェスが試行錯誤の末生み出した。低速では揺れの周期が長くなり乗り心地よく、乗車定員や積載量に関係なく車高を一定に保ち、またブレーキと連動させることで挙動を安定させることができるなど、今日でも課題となる要因に対応する技術である。金属バネを使用しない独特のライド感も手伝ってシトロエンDSは個性の塊である。

個体概要
1955年に誕生したDSは発表直後から受注が想定を超えたため、ID19というサスペンションのみハイドロニューマティックを採用したモデルからスタートする。トランスミッションやパワーステアリングと連動するのは後の事である。数字は排気量を示し既存の4気筒エンジンを縦置きに搭載していた。前期型はフロントフェイスに丸型2灯ヘッドライトを採用し通称フロッグと呼ばれる。後期型の4灯式ヘッドライトとライトカバーを備える通称“猫目”にモデルチェンジするのは1967年のことである。エンジンは1.9Lから2.1L、2.3Lと排気量を拡大。最終型は1976年式だ。DSはフランス大統領専用車に採用されるなど、車格的にはラグジュアリー&エクスクルーシブカーである。淡いチョコレート色とアイボリーの2トーンの当個体は、ドイツから輸入し通関を終えたばかりの1969年型だ。ジャベルではこれまでも数多くのDSを扱ってきたが、同店の特徴はクラシックカーといえども社会性と利便性、快適性を踏まえ、キャタライザーとラムダセンサーを取り付けた上で専用設計のECUでエンジン制御。また、DS専用エアコンを独自に開発し、クラシックカーであることを意識せず快適に乗れる高いクオリティを具現化している(1年間保証付き)。

About this model
The Citroen DS placed third in the “Car of the Century” poll, the 1999 ranking of the most influential cars of the 20th century as decided by major automakers. Born in 1955, its concept car-like design feels fresh and novel no matter how many times you see it. This shape really is the embodiment of classic. The three main engineers involved in creating the DS also had unique careers. Flaminio Bertoni, in charge of design, was a former engineer at aircraft company Aeronautica Macchi. An Italian, he quit the company and moved to France to pursue a career as a sculptor. As a result, he was a unique presence at Citroen. André Lefèbvre, the project’s coordinator, came from aircraft maker Voisin. His unmatched love of racing may have led to him taking a job in development at Citroen. Citroen is famous for hydropneumatics, a system combining oil and nitrogen. This system was created by 20-year company veteran Paul Mages through trial and error. This technology is still discussed today for its ability to create a more comfortable ride by increasing the vibration period at low speeds. It also allowed vehicle height to remain the same regardless of passenger or cargo load, and helped to stabilize braking behavior. Also boasting a unique ride feel due to its lack of metal springs, the DS is the embodiment of originality.

About this vehicle
Immediately after the DS was unveiled in 1955, the company was flooded with more orders than it had expected, so production began with the ID19 model, which used hydropneumatics only for the suspension. It was connected to transmission and power steering only in later models. An existing 4-piston 1.9L engine was used. The early models have round, two-lamp headlights and are nicknamed “blocks.” Later models, those from 1967, have 4-lamp headlights and head light covers, which earned the nickname “cat’s eye.” The engine size was increased from 1.9L to 2.1L, and 2.3L. The last model year was the 1976. Used as the official car of French presidents, the DS is a luxurious and exclusive car. This light chocolate and ivory 2-tone car is a 1969 model imported from Germany that has just cleared customs. At Javel, they have handled a number of DS cars. This shop’s unique point is their use of an engine control unit with a special catalyzer and oxygen sensor, so that even though these are classic cars, they proceed plenty of convenience and comfort. Javel has also developed a DS-specific air conditioner for a ride so comfortable you will almost forget this is a classic car. (Comes with a 1-year warranty.)

1969 Citroen DS 21|1969 シトロエン DS 21
Production 1969
Brand Citroen
Model DS 21
Engine 2.1L
Number of cylinders 4
Power 101ps/5500rpm
Length 4840mm
Width 1790mm
Height 1470mm
Wheelbase 3125mm
Drive Front
Weight 1320kg
Tire size(F) Michelin XAS 180 x 380
Tire size(R) Michelin XAS 180 x 380
Price 8,500,000 yen (without tax)
Contact JAVEL

Copyright CHRONICLE BOOKS JAPAN CO., LTD. 2017 All rights reserved.

PHOTO|KOSUKE ARAI
TEXT|SEIICHI NORISHIGE
PUBLISHED|2017
SOURCE|CLASSIX VOL.01


1972 ポルシェ 911T タルガ(1972 Porsche 911T Targa)|Yokohama, JPN

1972 ビーエムダブリュー 2002 tii(1972 BMW 2002 tii)|Osaka, JPN

関連記事

  1. YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 201…

    今年で第24回となる「YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2015(横浜ホット…

  2. 1973 ポルシェ 911S(Porsche 911S) |Ok…

    モデル概要1965年からデリバリーが開始されたフラット6搭載の911だが、より高出力の901/0…

  3. 1994 Land Rover Range Rover Vand…

    モデル概要デビューから10年目となる1980年型を生産する頃、レンジローバーの総生産台数は7万5…

  4. 1994 ジャガー XJS V12(1994 Jaguar XJ…

    モデル概要1975年9月。ジャガーはEタイプに変わるモデルとして「XJ-S」を発表した。1961…

  5. 貴重な1955年式356 Pre-Aをベースにディテールに拘った…

    1955 PORSCHE 356 PRE-AEMORY OUTLAWBENT-WINDOW COUP…

  6. FLAT4ミュージアムフロアグランドオープン!!|Tokyo, …

    日本を代表する空冷フォルクスワーゲンのスペシャルショップである「FLAT4(フラットフォー)」は、同…

  7. ポルシェのスペシャリストが選んだ912|Los Angeles,…

    ポピュラーな911は仕事の対象。希少な912を選ぶと言う選択のんびりとした時間が流れる南カリ…

  8. 恋を演出する大人の距離感

    「新聞ってなぜこの大きさだか分かる?」そんなナゾナゾを出したのは、ぼくの記憶が正しければ、エ…

PAGE TOP