50万円で楽しむオシャレな ガーデンシェッド・ライフ|GARDEN SHED

“Garden Shed“とは物置小屋の意味。『ヴィンテージハウス』や『タイニーハウス』など、数多くの小屋を取り扱うカントリータウンアンドカンパニーのラインアップの中では、最も安価な価格設定の小屋だ。

キット販売のみということもあり、その価格は50万円(税別)とお手頃な設定。別途、基礎工事だけを同社や専門業者へ依頼し、建屋は自分で楽しみながら建築するというユーザーも多いというのも頷ける。基本的に収納・物置という割り切った役割を担う『ガーデンシェッド』であるからこそ、気軽に自分で“建ててみよう”、“作ってみよう”とDIYを企てるのだろう。

床面積は約4帖サイズ。外装は定番のパイン材。内装・断熱材はキットには含まれず、シンプルに風雨を凌ぐだけの構成だ。もっとも、屋根はアメリカでは定番の高級屋根材となるオークリッジプロを採用しているので、耐水性・耐風性はすこぶる高い。このため、外装のリペイントを3-5年の期間で定期的に実施すれば、数十年の使用にも十分耐えられる性能を誇っている。

屋根を大きくして軒下を設けているから、半外部分でも風雨を防げることができるのも嬉しいポイント。『ガーデンシェッド』内に収納できない大型の農具なども、雨ざらしにしないで済む。

外観もウッディ&カントリーなデザインとなるため、女性からの人気もすこぶる高く、趣味のガーデニングを楽しむためにこの『ガーデンシェッド』を購入・設置するという女性ユーザーも多いそうだ。

なお、このお洒落な外観から、作業用やワークショップ用に購入するユーザーも多く、快適性向上のために断熱材を施工したいという希望も多いという。このため、カントリータウンアンドカンパニーでは2×4のフレームサイズを予め日本の断熱材のシートサイズに合わせて設計しており、好みでグラスウールなどの断熱材を簡単に施工することも出来るそうだ。快適性の向上にも容易に対応可能となっているのも、この『ガーデンシェッド』が人気を誇る一因と言えるだろう。

【INFORMATION】
PRODUCT|ガーデンシェッド(GARDEN SHED)
KIT PRICE|50万円(税別)
FLOOR SPACE|7.1㎡
CONTACT|カントリータウンアンドカンパニー
WEB|http://www.country-town.com/
(注)価格に送料は含まれない。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
MODEL|MARK
STYLING|KAZUNARI HAYAKAWA
PUBLISHED|2017
SOURCE|小屋マガジン Vol.1


関連記事

ページ上部へ戻る