格安ローチェアを本革張りにアップデートグレード!!|NITORI WODDY LOW CHAIR

SNS などで話題沸騰のニトリ製木製ローチェアを編集部で購入、キャンプにはちょっと似つかわしくないかもしれないが、帆布を革に張り替えて、格安ローチェアをリッチなレザーチェアにカスタムしてみた!

賢明な読者貴兄はすでにご存知のことだろうが、今、ニトリのアウトドア用品がとても充実している。しかも、どれも一般的なキャンプ用品とは比較にならないほどのロープライスなのだ。折りたたみテーブルも、折りたたみチェアも税込で1000円というコスパの高さである。なかでも全国的に人気が高く、各店舗で売り切れが続出しているのが、ご覧の『木製ローチェア』である。

ブラウン、アイボリー、ネイビーの3色展開(※編集部注2018年6月現在ではアイボリー、イエロー、レッド、グリーン、ネイビーの5色展開)で販売されているこの商品は、本体価格が2769円(税別)という破格のプライスに加え、お値段以上にしっかりしている品質から人気がとても高く、全国的に入手困難な状態だ。特にアイボリーは欠品率の高い人気アイテムとなっている。

ちなみに、フレームにアカシア(木材)を使用し、これに丈夫な帆布を組み合わせた本製品は、実際のキャンプシーンでも十分に使えるローチェアと言える。座面高は24cmというから人気のカーミットチェアよりも少し低いくらいだ。重量は約3㎏、分解はできず、折りたたみのみというシンプルな構造だが、オートキャンプならば十分なスペックと言えるだろう。なにより、この価格であれば文句もあるまい。

さて、今回その人気の木製ローチェアを編集部でカスタムしてみた。元が安いだけに使い捨て感覚で購入している方もいるだろうが、今回は本体価格の7倍の予算を使った本革仕様にアップデート。元々かなりしっかりした帆布を使用しているので、「座っているうちに伸びてしまった」とか、「使っているうちに汚れてしまった」という時には、ぜひ参考にしてほしい。

今回はロナーズに製作を依頼、「本体は価格の割にかなりしっかりとした作りだったので、まず分解してキャンバスの生地を剥がすのが一苦労でした。さらに革の座面は伸びを避けたいのでギリギリのクリアランスで製作しているため、これを再度組上げるのにはかなりの力が必要となります」とのこと。ここではシンプルにクロームレザーにミシン縫製で製作したが、革のバリエーションは勿論、ハンドステッチや型押しに加え、ハラコの使用やカービングやカッティングなど、革の意匠や素材は自由に選べる。さらに座面や背もたれにクッション性を持たせることも可能。革だけでなく、アウトドアでも使い易い帆布で張り直すことも出来るというので、気になる方はロナーズまで問合せしてみてはいかがだろうか。

【INFORMATION】
PRODUCT|ニトリ・モデル_木製ローチェア
PRICE|2,769円(税別)※張り替え価格|2万円(税別)
WEIGHT|3kg
SIZE|幅54cm×奥行65cm×高さ90cm
PACKAGE SIZE|幅62cm×奥行47cm×高さ62cm
MATERIAL|アカシア(木製フレーム)
CONTACT|ロナーズ(革張り替え)
WEB|http://www.loners.jp/
※スペックやデータは紙面掲載時のものです。最新の情報は上記WEBサイトなどでご確認ください。
※ニトリでは張り替え作業を行っておりません。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|Camp Goods Magazine
PUBLISHED|2017
SOURCE|キャンプ・グッズ・マガジン Vol.1


関連記事

ページ上部へ戻る