ハワイ愛にあふれるオーナーの トロピカルなトレーラー|1964 BOLES AERO

1964年のボールズ・エアロのオーナー、ケリー・ジャクソン氏は一年中トラベルトレーラーで旅をしている根っからのトラベラーだ。ハワイ好きはドレーラーのドアに描かれたティキ像のイラストからもわかる。もちろんトレーラーの中はといえばトロピカルムード満点だ。よくもここまでというくらい、とにかく寸分の隙もないほどにオールド・ハワイアンのムードにリノベーションされている。

ケリーはトレーラーを見学に来た人にドリンクを振る舞うような陽気なキャラクターだが、ご自慢のトレーラーを見てほしいという気持ちがそうさせるのだろう。無造作に見えて、しっかりと計算されたコーディネートは、大人の男の落ち着きを感じさせる。その大きなキーとなっているのがヴィンテージ・トラベルトレーラーの存在だ。 

よく見ると、ときおり日本のふぐ提灯などがアクセントで飾られている。聞いてみると旅先の楽しい思い出の品々をトレーラーに飾って、旅を重ねるのだという。増えていく記憶をとどめておくにもヴィンテージ・トラベルトレーラーはピッタリのようだ。広いトレーラーは、ケリーの思い出の品々を収めておくには十分のキャパシティがある。彼の旅のメモリー・トレーラーは宝箱のように思い出を詰めこんで今日も走っていることだろう。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|Cal
PUBLISHED|2017
SOURCE|キャンプ・グッズ・マガジン Vol.1


関連記事

ページ上部へ戻る