menu

ノースショアの海辺に建つ三角屋根の家|North Shore, Hawaii

ノースショアの海辺に建つ3階建ての家。斜度のある大きな三角屋根がこの家のシンボルだ。 

オールドタウンの雰囲気が人気のハレイワの西隣の町ワイアルア。オアフ島で最後の製糖所となった場所で、円形の建物と煙突を持つプランテーション時代のシュガー・ミルが今も残っている(現在は石鹸会社の工房やショップとして使われている)。 

周辺には複数のビーチパークがあり、砂浜を家族連れがそぞろ歩きしている。ワイキキのような喧騒はない。ノースショアといっても穏やかな波の静かなビーチだ。少し沖では波が立ち、砕けているが、砂底の形状のせいでその波はビーチには到達しないのだ。「孫たちを遊ばせるのにちょうどいいのよ。ビーチに連れて行って放っておいても心配ないわ」と語るのは、この家のオーナー、ジャニン・ホル。 

2003年にこの家を購入した。もともとの建築は1987年。当時はまだカリフォルニアに暮らしていて、仕事(不動産関連)やバケーションなどでハワイを訪れたときにこの家を利用していたが、2009年にハワイに引っ越し、2010年にリモデリングを施した。 

1階から3階までそれぞれにベッドルームとバスルームがあり、簡易キッチンも備えている。家の横の階段を上がると2階にフロントドアがある。リビングルームとメインキッチンがある2階はジャニンたちが普段暮らしているフロア。1階と3階はレンタルフロアだ。 

ビーチフロントに建つリゾートハウスを意識した家具類なども配置されているが、家の内装は全体にウッディ。特に3階はこの家のシンボルデザインである三角屋根の形状そのままの天井となっている。このフロアだけを見れば、まるで山小屋にでも来たかのような感覚に捉われ、目の前に広がるターコイズブルーの海がどこか遠い別世界のようにも感じられる。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|OSAMU HONMA
PUBLISHED|2017
SOURCE|Hawaii Interior Style Book Vol.1


カニエ・ウエストも住んでいたというリゾートハウス|Honolulu, Hawaii

白を基調にしたシンプルで清潔感のある家|Honolulu, Hawaii

関連記事

  1. 40歳からの “移動販売” という働き方

    都心でも見かける機会の増えた食品の移動販売車。毎日変わらぬランチタイムのメニューに、ちょっとした変化…

  2. ハワイの街並みを見下ろす羨望の高層コンド|Honolulu, H…

    明るい光が絶え間なく降り注ぐ高層コンドミニアムの窓の外には、古くから日系人も多く住んでいる住宅地マキ…

  3. アメリカの住宅をそのままスケールダウン|TINY HOUSE A…

    床面積約3帖という小さな2×4構造の家を基本設計として、4種類の仕上げ方法を備えるのがカントリータウ…

  4. 木と潮の香りに包まれた、理想のサーファーズハウス|Oceansi…

    オーシャンサイドの個性的な木造住宅に住むのはアイウェアブランド「OTI S」の副社長を務めるChar…

  5. 古き良き時代を語るサーファーズハウス|Honolulu, Haw…

    1960年代のラタンのソファやマホガニー製ダイニングテーブル、1930年代のオーク・チェスト、195…

  6. 展示場には遊び心をご持参ください Presented by BE…

     ログハウスの国内シェアの過半数を有するBESSは、全国に42 カ所単独展示場を有している。一般に住…

  7. 50万円で楽しむオシャレな ガーデンシェッド・ライフ|GARDE…

    “Garden Shed“とは物置小屋の意味。『ヴィンテージハウス』や『タイニーハウス』など、数多く…

  8. 人気の雑貨店オーナーの瀟洒な住まい|Honolulu, Hawa…

    瀟洒(しょうしゃ)という表現がこれほどしっくりくる家もそう多くはない。ダイヤモンドヘッドの北側に広が…

PAGE TOP