menu

カイエリアに建つアジアン・ヴィンテージスタイルの家|Honolulu, Hawaii

シックな佇まいの平屋建築がゆったりと建ち並ぶゲート付きコミュニティエリアの一角。家の裏手は広大なゴルフ場に隣接している。オアフ島南東部、ハナウマ湾やシーライフパークなどの観光スポットに囲まれたハワイ・カイエリア。

リゾートと高級住宅地がミックスする人気エリアにあるこの家を2009年に購入したのはジョンとリーの夫妻。 

ゴルフコースに面したリビングルームは、一部分の梁がむき出しになっている高い天井によって床面積以上にゆったりとした空間になっている。隣接するダイニングとキッチンもひとつながりの空間で、ここからプールのあるパティオにつながっている。キッチンの窓からはココヘッドも一望できる。

ゴルフコースに面するマスターベッドルームには専用のバスルームとジャグジー、ウォークインクローゼットが備わる。もうひとつのバスルームは2つのゲスト用ベッドルームの共用となっている。

ジョンは長年アメリカ政府の外交官として働いてきた。駐在先の国々で手に入れたヴィンテージ家具の数々がモダンなインテリアにシックなアクセントを加え、全体に落ち着いた雰囲気を醸し出している。スウェーデン人とフィリピン人の血を受け継ぐジョンは、曽祖父がスウェーデンの家具職人だったという。ヴィンテージ家具への関心にはそうした背景もある。 

たとえば、オーク材のダイニングテーブルとチェアは20世紀初頭のデンマーク製。マスターベッドルームのベッドはアンティークの中国式ベッドで、150年前に中国本土から大工職人を呼び寄せて台湾で作られたものだとか。ヘッドパネルはもともとベッドの3面を囲んでいたものを取り外して飾りとして使っている。 

リーは美術系のジャーナリストで、ハワイ・アジアンアート協会の代表であり、2017年3月~5月に開催されたハワイ初の国際芸術祭「ホノルル・ビエンナーレ2017」では理事も務めた。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|OSAMU HONMA
PUBLISHED|2017
SOURCE|Hawaii Interior Style Book Vol.1


最高の夕陽を望む家|Honolulu, Hawaii

元シェフが建てたロハス・スタイルの住まい|Honolulu, Hawaii

関連記事

  1. ミドルレンジからハイエンドまでモダンな家具選びのスタンダード|H…

    3フロアにまたがるショールームにはホノルル最大のラインアップが並ぶ。レストランやカフェも併設されてい…

  2. 絶好のロケーションを誇るビーチ・コンド|Honolulu, Ha…

    マリンブルーの海とビーチが織りなす絵画のような風景が窓の外に広がっている。波音が流れ込み、海からの風…

  3. ゆったりとした潮風にゆらぐ1970年代のビーチハウス|Dana …

    地元のラジオ局でDJを務めるCorey Brindleyは、カリフォルニア州ダナ・ポイントの丘の上に…

  4. モッズカルチャーを愛するスタイリストのヴィンテージ・ライフ|Lo…

    '50年代アメリカを象徴する平屋のシングルハウスに日本庭園。そしてファッションでは'60年代英国のモ…

  5. 人気の雑貨店オーナーの瀟洒な住まい|Honolulu, Hawa…

    瀟洒(しょうしゃ)という表現がこれほどしっくりくる家もそう多くはない。ダイヤモンドヘッドの北側に広が…

  6. 毎日がアウトドア Every day is Outdoor!!

     都心からクルマを走らせること3時間。辿り着いた長野の地は溢れんばかりの新緑を楽しむことができ、日々…

  7. 世界で一番美しいハイウェイ「PCH」に面したビーチハウス|Lag…

    カリフォルニア屈指のリゾートであるラグナビーチで船をイメージした住宅に暮らすのは、音楽をこよなく愛し…

  8. 古き良き時代を語るサーファーズハウス|Honolulu, Haw…

    1960年代のラタンのソファやマホガニー製ダイニングテーブル、1930年代のオーク・チェスト、195…

PAGE TOP