カイルア湾の美しい海辺に建つラニカイビーチの家|Honolulu, Hawaii

オアフ島南東部に位置するカイルアはロコな魅力で人気急上昇中の町。カイルア湾に面するラニカイビーチは、全米で最も美しいビーチとして知られる。ターコイズブルーの海と白いパウダーのような砂は、天国のビーチとも。そのビーチ沿いに建ち並ぶリゾートハウスのひとつがこの家だ。

オーナーのキャンディス・トーマスは、冬季に利用する「ウインターホーム」として10年ほど前にこの家を購入。カリフォルニアのタホ湖にもリゾートハウスを所有し、「サマーホーム」として利用している。別の場所にもファーウハウスを準備中だという。

ガレージ脇の門をくぐると芝生のフロントヤードにメインハウスとプールハウス、プールとジャグジー、ダイニングテーブルを備えたガゼボが並ぶ。メインハウスには専用のバスルームを備えたスイート仕様のマスターベッドルームが2つ、プールハウスには2つのベッドルームと1つのバスルームがある。

購入時点で全面的にリフォームを施し、インテリアも新調。バリのリゾートをイメージし、ほとんどすべての家具をバリで購入し、コンテナでハワイへ輸送したという。ベッドルームのベッドはすべてチーク材を使ったもので、メインのマスターベッドは手彫りの4柱式キャノピー(天蓋)を備える豪華仕様だ。リビングルームのデイベッドも手彫りの重厚な造り。12人がけの丸いダイニングテーブルにはチーク材に手彫りで美しい模様を施してある。

リビングやベッドルームには写真やアート作品が数多く飾られている。「アート界のロックスター」と呼ばれるラスベガスの人気画家マイケル・ゴダードのオリーブやマティーニをモチーフにした作品、ライブペインティングというユニークな手法を持つニューオリンズの画家フレンチーの作品などなど。

このビーチハウスの圧巻はなんといってもリビングを抜けた先のバックヤード。白い砂底のうえに広がるターコイズブルーの海は「天国のビーチ」と呼ぶにふさわしい美しさを湛えている。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|OSAMU HONMA
PUBLISHED|2017
SOURCE|Hawaii Interior Style Book Vol.1


関連記事

ページ上部へ戻る