ラナイから海を望むサーファーズ・ハウス|Honolulu, Hawaii

素晴らしい眺望を持つラナイに立てば、ダイヤモンドヘッドの沖合いからのオンショアの風が心地良い。ここからは波のコンディションも一目でわかる。ダイヤモンドヘッドの南麓を海沿いに走るダイヤモンドヘッドロードからビーチへ向かう途中の高台に位置するこの家は、1977年に建てられた2階建て。

ガレージから続くアプローチを通って玄関を入ると、2階に相当するフロアにダイニングとリビングスペースがあり、外はラナイに囲まれている。右手の奥は海が見えるピクチャーウインドウのキッチンだ。1階には寝室やバスルーム、商品のストックやショールームとして使っている部屋がある。寝室のつづきにはラナイのような石張りのガーデンとプール。

オーナーのゴードン・ノイスは元ハリウッド俳優で、映画製作会社のプロデューサー。妻のイヴァラニ・イズベルは世界中のビーチガールに人気の水着やビーチウェアのブランド「プアラニ・ハワイ」のオーナー兼デザイナー。以前はウォータースポーツのスタントウーマンとしても活躍していた。司祭(神父)の公的資格を持つゴードンは、イヴァラニとともに、ウォーター・ウォーク・ミニストリーズとして、キリストや神への愛を伝える活動も行っている。 

二人とも根っからのサーファーで、2010年にこの家を購入。インテリアはアイランドリゾート風に手作り感をミックスしたスタイル。貝やサンゴの飾りに混じって、壁の至るところに愛のメッセージを書いたイヴァラニ手作りのペイントボードが飾られている。 

お気に入りの場所は海をダイレクトに感じられるリビングのラナイ。フレッシュな果物で作るスムージーの朝食はいつもラナイでとる。波のコンディションが良ければ、朝食前にサーフィンを楽しむことも日常茶飯事。まさにサーファーのパラダイスだ。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|OSAMU HONMA
PUBLISHED|2017
SOURCE|Hawaii Interior Style Book Vol.1


関連記事

ページ上部へ戻る