menu

ラナイから海を望むサーファーズ・ハウス|Honolulu, Hawaii

素晴らしい眺望を持つラナイに立てば、ダイヤモンドヘッドの沖合いからのオンショアの風が心地良い。ここからは波のコンディションも一目でわかる。ダイヤモンドヘッドの南麓を海沿いに走るダイヤモンドヘッドロードからビーチへ向かう途中の高台に位置するこの家は、1977年に建てられた2階建て。

ガレージから続くアプローチを通って玄関を入ると、2階に相当するフロアにダイニングとリビングスペースがあり、外はラナイに囲まれている。右手の奥は海が見えるピクチャーウインドウのキッチンだ。1階には寝室やバスルーム、商品のストックやショールームとして使っている部屋がある。寝室のつづきにはラナイのような石張りのガーデンとプール。

オーナーのゴードン・ノイスは元ハリウッド俳優で、映画製作会社のプロデューサー。妻のイヴァラニ・イズベルは世界中のビーチガールに人気の水着やビーチウェアのブランド「プアラニ・ハワイ」のオーナー兼デザイナー。以前はウォータースポーツのスタントウーマンとしても活躍していた。司祭(神父)の公的資格を持つゴードンは、イヴァラニとともに、ウォーター・ウォーク・ミニストリーズとして、キリストや神への愛を伝える活動も行っている。 

二人とも根っからのサーファーで、2010年にこの家を購入。インテリアはアイランドリゾート風に手作り感をミックスしたスタイル。貝やサンゴの飾りに混じって、壁の至るところに愛のメッセージを書いたイヴァラニ手作りのペイントボードが飾られている。 

お気に入りの場所は海をダイレクトに感じられるリビングのラナイ。フレッシュな果物で作るスムージーの朝食はいつもラナイでとる。波のコンディションが良ければ、朝食前にサーフィンを楽しむことも日常茶飯事。まさにサーファーのパラダイスだ。

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|OSAMU HONMA
PUBLISHED|2017
SOURCE|Hawaii Interior Style Book Vol.1


昭和レトロとハワイアンのミックスカルチャー|Honolulu, Hawaii

ハワイ・プランテーション時代の家|Honolulu, Hawaii

関連記事

  1. BESSのふたつのニューモデル

    「極めて、いい加減。」がコンセプトの「程々の家」特別モデル、倭様「八風」ログハウストップブラ…

  2. 真っ赤に燃えるような夕陽を望む、コンパクトなアパートメント|Oc…

    シンガーソングライターNato Bardeenの部屋はたった20㎡ほどの小さなワンルームだ。1940…

  3. Jeep×LOG HOUSE -Jeep CJ-7とログハウスが…

    もともとは家の購入を考えていなかったオーナーが出会ったBESSの家。そこには長年楽しんできたジープに…

  4. アメリカの住宅をそのままスケールダウン|TINY HOUSE A…

    床面積約3帖という小さな2×4構造の家を基本設計として、4種類の仕上げ方法を備えるのがカントリータウ…

  5. ポートランドのランドリー&コーヒーをイメージしたニューショップ|…

    都心部でも急増している大型のコインランドリー。栃木県宇都宮市で9月7日にオープンしたばかりという『ラ…

  6. ビーチコテージ感覚のアイテムはすべてメイドインハワイ!|Hono…

    シャビーシックな1点モノのアンティーク品からローカルアーティストの手作り雑貨&アクセサリーまでロゴガ…

  7. 虹に手が届きそうな丘の上の暮らし|Honolulu, Hawai…

    窓の外にはワイキキの西端からダイヤモンドヘッドの手前、東端までほぼ全景を望むパノラミックビューが広が…

  8. 普遍の魅力を備えたクラシックな暮らし|Topanga State…

    「昨夜はボブ・キャット(オオヤマネコ)を見たわ。鹿は毎日のように私たちの庭を横切って、私たちに挨拶す…

PAGE TOP