menu

BESSのふたつのニューモデル

「極めて、いい加減。」がコンセプトの「程々の家」特別モデル、倭様「八風」

ログハウストップブランドのBESSが、「程々の家」の特別モデルとして、倭様「八風」(やまとよう「やつかぜ」)の発売を開始した。「程々の家」とは、日本人として伝えていくべき暮らしの魅力を、造りすぎず、飾りすぎずに、程々であることが良いということをかたちにしたシリーズとなる。今回そのシリーズの特別モデルとして登場した倭様「八風」は、正統にこだわり、遊び心をも感じさせながら、日本人の真の感性を見つめることを家として表現している。
外観を見れば、雄大な傾斜が印象的な甲羅屋根がどっしりとした佇まいを感じさせる。また、土間と広縁をつなぐフルオープンサッシュを開くと中と外がつながり開放的な空間が広がっていくのだ。リビングダイニングの壁は白壁と板壁の2種類が採用されており、優しい明るさをもたらす白壁と、板壁や梁との色彩のコントラストが安らぎを与えてくれる。2階のオープンロフトは大屋根の下にひろがり、開放感がたっぷりだ。“極めて、いい加減。”な暮らしの贅沢さを倭様「八風」で体験してみてはいかがだろうか。

何もない“ からっぽ”を楽しむ家「WONDER VOID」
暮らしの余白は大きいほうがいい!!

一方、2017年4月より「WONDER VOID(ワンダーボイド)」の発売も開始された。ワンダーボイドのコンセプトにあるのは、「VOID(からっぽ)」であるということだ。家とは人が自然体で自分らしい生き方を楽しむための道具であると考えることができる。あんなことをしたい、こんなことをしたいと毎日をアクティブに過ごせば、楽しさや刺激がどんどんと生まれてくるものだ。そうした楽しさを詰め込みながら使い込んでいくのが「WONDERVOID」の道具としての役目である。
室内は1階、2階ともにスケルトン(何もない)状態から、暮らす人の個性に合わせて好きなモノやコトを詰め込みながら完成させていく。さらにライフスタイルや家族構成にマッチさせるために、2階の個室の数や収納の有無、オープンスペースの広さなどいくつものプランバリエーションが用意されている。
外観も特徴的で、カラーバリエーションのブラックを選べば、それはまるで内部を知ることができない、ブラックボックスのよう。しかしその箱の中には住む人の無尽の可能性が秘められていることを意味しているのだ。

「WONDER VOID」と倭様「八風」と両極端のような新商品。共通するのはBESSらしい遊び心と木をふんだんに使った家づくり。どちらが好きかはその人の感性次第だ。

倭様「八風」、「WONDER VOID」に関するお問い合わせ
総合展示場「BESSスクエア」
電話:03-3462-7000
https://www.bess.jp/index.html

SOURCE|Cal Vol.16


「タイムシェア別荘」で楽しむスローライフ

「Cal(キャル)#17」★7月29日発売

関連記事

  1. 真っ赤に燃えるような夕陽を望む、コンパクトなアパートメント|Oc…

    シンガーソングライターNato Bardeenの部屋はたった20㎡ほどの小さなワンルームだ。1940…

  2. 多彩なアーティストが潜む、クリエイターズハウス|Oceansid…

    プロサーフボーダー、フィルムメイカー、ペインターとして多彩な才能を発揮するColin Whitbre…

  3. 毎日がアウトドア Every day is Outdoor!!

     都心からクルマを走らせること3時間。辿り着いた長野の地は溢れんばかりの新緑を楽しむことができ、日々…

  4. 便利を捨てず、不便を楽しむBESSの『梺ぐらし』presente…

    BESSではログハウスにとどまらず、郊外住宅地よりもさらに自然に近い場所でののびのびとした暮らし『梺…

  5. LAの真ん中で暮らす、女性写真家の美しいヴィンテージハウス|Lo…

    ロサンゼルスのダウンタウンからほど近い場所に住む写真家Alyssa Crampton。その自宅は19…

  6. ゆったりとした潮風にゆらぐ1970年代のビーチハウス|Dana …

    地元のラジオ局でDJを務めるCorey Brindleyは、カリフォルニア州ダナ・ポイントの丘の上に…

  7. 自在な暮らしを提案するBESSの2つのシリーズ

     国内で圧倒的なログハウスシェアを誇る自然派個性住宅の『BESS』。そして、これまで本誌でご紹介して…

  8. 「タイムシェア別荘」で楽しむスローライフ

    BESSが提案するあたらしい別荘所有のカタチ 「タイムシェア別荘」って何!? と思われている…

PAGE TOP