menu

LAの真ん中で暮らす、女性写真家の美しいヴィンテージハウス|Los Angeles, California

ロサンゼルスのダウンタウンからほど近い場所に住む写真家Alyssa Crampton。その自宅は1938年建築という総2階の一軒家だ。別棟のガレージが仕事場を兼ねており、2階が生活空間。ヴィンテージ家具をふんだんに配置したインテリアは、夫婦そろってサーファーという趣味を感じさせるもので、明るい色使いでまとめられている。音楽好きでもあり、レコードとプレイヤーはテレビよりも重要なアイテムだそうだ。

PHOTOGRAPHS|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|AKIHITO NAGANO
SOURCE|California Interior Style Book Vol.1


真っ赤に燃えるような夕陽を望む、コンパクトなアパートメント|Oceanside, California

Cal #13:カリフォルニアの素敵なビーチハウス

関連記事

  1. 誰もがあこがれる、豊かなカリフォルニアの暮らし|Laguna B…

    ブランドコンセプターとして、様々な会社のブランディングを手掛けるBobby Lochartのビーチウ…

  2. ベンチュラの美しい街並みの中で暮らす、素敵なヴィンテージハウス|…

    アウトドアブランド「Patagonia」のヘッドクオーターで働くJoy Lewisは、ロサンゼルスか…

  3. 世界で一番美しいハイウェイ「PCH」に面したビーチハウス|Lag…

    カリフォルニア屈指のリゾートであるラグナビーチで船をイメージした住宅に暮らすのは、音楽をこよなく愛し…

  4. 便利を捨てず、不便を楽しむBESSの『梺ぐらし』presente…

    BESSではログハウスにとどまらず、郊外住宅地よりもさらに自然に近い場所でののびのびとした暮らし『梺…

  5. 真っ赤に燃えるような夕陽を望む、コンパクトなアパートメント|Oc…

    シンガーソングライターNato Bardeenの部屋はたった20㎡ほどの小さなワンルームだ。1940…

  6. 「タイムシェア別荘」で楽しむスローライフ

    BESSが提案するあたらしい別荘所有のカタチ 「タイムシェア別荘」って何!? と思われている…

  7. 毎日がアウトドア Every day is Outdoor!!

     都心からクルマを走らせること3時間。辿り着いた長野の地は溢れんばかりの新緑を楽しむことができ、日々…

  8. 展示場には遊び心をご持参ください Presented by BE…

     ログハウスの国内シェアの過半数を有するBESSは、全国に42 カ所単独展示場を有している。一般に住…

PAGE TOP