LAの真ん中で暮らす、女性写真家の美しいヴィンテージハウス|Los Angeles, California

ロサンゼルスのダウンタウンからほど近い場所に住む写真家Alyssa Crampton。その自宅は1938年建築という総2階の一軒家だ。別棟のガレージが仕事場を兼ねており、2階が生活空間。ヴィンテージ家具をふんだんに配置したインテリアは、夫婦そろってサーファーという趣味を感じさせるもので、明るい色使いでまとめられている。音楽好きでもあり、レコードとプレイヤーはテレビよりも重要なアイテムだそうだ。

PHOTOGRAPHS|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|AKIHITO NAGANO
SOURCE|California Interior Style Book Vol.1


関連記事

ページ上部へ戻る