真っ赤に燃えるような夕陽を望む、コンパクトなアパートメント|Oceanside, California

シンガーソングライターNato Bardeenの部屋はたった20㎡ほどの小さなワンルームだ。1940年代に建てられた板張りの部屋は、まるで山小屋にでもいるかのような内装で、しかも部屋の中にあるのは音楽器材と書籍だけというシンプルな暮らしだ。ちなみにテレビもない。ただし、オーシャンサイドの美しい夕陽はどここらも一望でき、窓越しに望むパームツリーが、まるで美しい絵画の様に揺れている。

PHOTOGRAPHS|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|AKIHITO NAGANO
SOURCE|California Interior Style Book Vol.1


関連記事

ページ上部へ戻る