Made in California|Bauer Pottery

カリフォルニアの美しい光景を鮮やかに映し出す、アメリカンクラシックな陶器メーカー

“Bauer Pottery(バウアーポッタリー)=鮮やかなカラーの陶器メーカー”としてアメリカ国内で確固とした人気を誇るバウアーポッタリーの創業は1885年のケンタッキー州バデューカにまで遡る。創業者のJ.A Bauer(バウアー)は新境地を切り開くため1909年にバデューカからロサンゼルスに移住し、工場をカリフォルニア州ハイランドに移転させた。そこからおよそ100年、バウアーが亡くなった今も、その意思を継ぐJanek Boniecki(ヤネク・ボニエキ)が当時と同じ伝統と製造工程を受け継ぎ、バウアーポッタリーは生産され続けている。

もともとは地味な素焼き陶器を製造していたバウアーはカリフォルニアに移住して約20年後、「世界恐慌で苦しむ人々を少しでも明るくしたい」と鮮やかなカラーの陶器の製造をデザイナーのイプセンとハウザーと共に始めた。彼らのデザインのインスピレーションとなったのは“カリフォルニアの色”だ。シトラスの畑やパームツリー、青く輝く海や地平線に沈む夕日、そんなたくさんの美しい光景が鮮やかな色の陶器を生み出していく原点となった。 

現在販売されている製品のほぼ全ては1930-40年にデザイン・製造されたモデルをそのまま引き継いでいる。「バウアーポッタリーの世界一のコレクターだ!」と饒舌な語り口で豪語する現バウアーポッタリーのオーナー、ヤネクは1930年代に製造されたオリジナルの製品をおよそ3000個も所有しているという。

誰にも負けないバウアーポッタリーへの愛と、今も変わることのないカリフォルニアの美しい光景……、このふたつはこれからもきっとなくなることはない。だからこそバウアーポッタリーは人々を明るく幸せにする陶器を作り続けていくことができる。

[ INFORMATION ]
Bauer Pottery Tokyo
Phone: 03-5824-3190
Mail: info@bauerpottery.jp
URL: http://bauerpottery.jp/
バウアーポッタリーは日本ではセレクトショップ、オンラインストアにお買い求めいただけます。

PHOTOGRAPHS|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|AKIHITO NAGANO
SOURCE|Cal Magazine #05

※編集部注:本記事はCal #05に掲載された記事を一部抜粋したものです。


関連記事

ページ上部へ戻る