Route 66 “Go West 2019” DAY08 ニードルズ→サンタモニカ

Route 66 “Go West 2019” もいよいよ最終日。8日目のこの日は夜明け前の撮影のために朝4時にホテルを出発。カリフォルニアの州境にあるニードルズの気温はすでに22度だ。

カリフォルニアは、その州内に旧道のルート66が複数残っているが、見所は決して多くはない。そんな中、インターステートハイウェイ40号線(以下IH40)と並行するナショナリズムトレイルハイウェイは数少ない見所のひとつだ。

IH40と並行するといっても両者の距離はかなり離れており、旧道は何も無い荒野の中をひたすらまっすぐに走るルートだ。BNSFの線路が並走しており、ディーゼル機関車と並んで走る区間も多い。

途中のアンボイはちょうどいい休憩ポイント。Roy’s Motel Cafe の看板は記念撮影にもぴったり。残念ながら営業しているのを見た事ないが、カフェとお土産屋さん、それに無料で24時間使える公衆トイレも備わっている。

さらに西へ1時間ほど進むとニューベリースプリングスに入り、映画でもお馴染みのBagdad Caféがある。オールドルートはラッドローから先は通行止になっており、IH40にてニューベリースプリングスへと入るしかない。

IH40がIH15へと変わるバーストウからビクタービルの区間にも旧道のルート66が残っている。路面の66マークも数多く見かける上、ルート沿いには黄金期に輝いたホテルが軒を連ねる。道路はここもアップダウンの続く荒野を抜けるルートで、この区間もドライブが楽しくなるコースだ。(次ページへ続く)


ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る