英国スタイルのカーカルチャー&ファッション


そんなクルマのステアリングを握るのであればハケット・ロンドンの服がいい。創業者ジェレミー・ハケットはロンドンのサヴィル・ローでテーラーの修行をした生粋の英国流ファッショニスタ。英国紳士たるものがどういった生地のテーラードをどう着こなすべきかをよく知っている。しかもフォーマルからカジュアルまで。

写真のようなドライブシーンでは、カジュアルな雰囲気のテーラードジャケットが合う。DB2のテイストを壊すことなく世界観を演出してくれる。こういったクルマを前にすると“英国”というワードからC調なコスプレになりがちだが、それとはまったくの別物だ。

アストンマーティンのクラシックカーというとジェームズ・ボンドが愛したDB5に目がいきがちだが、やはり本命はこのDB2、DB2/4(4シーター)。デイヴィッド・ブラウン氏が描いた夢の始まりがここにある。

【INFORMATION】
SHOP|Aston Martin Akasaka
WEB|http://www.sky-g.org/astonmartin/
CAR|1958 Aston Martin DB2

PHOTO|KOSUKE ARAI
TEXT|TATSUYA KUSHIMA
PUBLISHED|2018
SOURCE|THE BRITISH STYLE


ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る